B型肝炎と訴訟問題を考える

はじめまして。 B型肝炎に感染し、これまでとてもつらく、苦しく、悲しい思いをされたことでしょう。ここでは一緒にB型肝炎と訴訟問題について考えていきたいと思います。ここでの知識が、あなたのお役に立ちますように。

ジェノタイプ

ジェノタイプAeによるB型肝炎は検査時に判明する

B型肝炎に感染しているからといって、誰もが誰も、自分がどのような経路で感染したのかわかるわけではありません。たとえばごく一般的な普通の生活をしているにも関わらず、ある日突然具合が悪くなり、病院に搬送されたところ肝炎が発覚したという人もたくさんいます。

B型肝炎訴訟とは、国の集団予防接種か、もしくはそれが原因での母子感染・父子感染の方への和解訴訟です。しかし、中にはご自身の感染原因がよくわからないという方もおられます。

このような方は急性肝炎と慢性肝炎を勘違いしていたりすることが往々にしてあります。集団予防接種や母子感染が原因でのB型肝炎感染者の方は、出生直後や小児期にB型肝炎ウイルスに感染したため、体内に免疫ができておらず、肝臓と免疫が共存する関係になっています。

対して成人後に肝炎ウイルスに感染した方は、肝炎ウイルスが肝臓を侵食しようとした場合、免疫が働くために一時的に体調が悪化します。いわゆる急性肝炎です。ただ、免疫がしっかりと働いた結果、一時的に具合が悪くなっても、後日体内からウイルスは完全に排除されるため、以降はウイルスが原因で肝臓が悪化する可能性は非常に低いものとなります。

ただし、上記以外に平成8年以降に確認されたジェノタイプAeと呼ばれる肝炎ウイルスの場合、成人後にウイルスに感染しても免疫がしっかりと機能しない可能性があることが確認されました。ジェノタイプAeのウイルスに感染すると、概ね1割前後の感染者がその後、持続感染することが確認されています。いわゆる慢性肝炎となってしまうのです。

このジェノタイプAeによる感染は、国による集団予防接種や母子感染で肝炎ウイルスに感染した方とは時期的に合致しません。このため、もしご自身のウイルスの感染経路がいまいち判断できない場合にはまずは肝炎検査を受けることをおすすめします。これにより、ご自身の数値・症状はもとより、ウイルスのジェノタイプも判断することが可能となります。

B型肝炎訴訟におけるジェノタイプ検査費用は後に支給される

kensagi_blue


・B型肝炎訴訟におけるジェノタイプ検査費用は後に支給される。 
・B型肝炎の診療で合わない医師は変えた方が良い 


■B型肝炎訴訟におけるジェノタイプ検査費用は後に支給される。


B型肝炎訴訟において、まだ明確に症状がわかっていない場合、ジェノタイプ検査をはじめとする肝炎検査が求められることがあります。

ジェノタイプの検査費用は大まかに1回2万円弱と高額。これを理由に肝炎訴訟を敬遠しがちな感染者の方も中にはおられるようです。

しかし、この検査は重要で、たとえジェノタイプがAeであったとしても、慢性肝炎や肝硬変などの明確な症状が顕著であれば、提訴の可能性もあります。

また何よりも知っておきたいところとして、ジェノタイプを始めとする各種の肝炎検査の費用は、因果が証明されれば、後に国から支給されます。

このため、肝炎訴訟において検査費用については実際には心配する必要がありません。

B型肝炎訴訟は「訴訟」とは銘打っているものの、あくまでも国からの救済措置。必ず行っておくことをおすすめします。

以下は国税庁のB型肝炎訴訟についてのウェブサイトからの抜粋です。


1 当該和解対象者が慢性肝炎の発症を確認するため、所定の定期検査を受けた際の検査費用及び初・再診料に係る費用

2 当該和解対象者が子を出産した場合にその子に対するB型肝炎ウイルスの母子感染を防止するために実施する所定のワクチンの投与等及び検査費用並びに初・再診料に係る費用

3 和解成立後に新たに当該和解対象者の同居家族になった者(前記2の子を除く。)に対するB型肝炎ウイルス感染を防止するために実施する所定のワクチンの投与及びこれに附帯する検査が行われた場合のその投与及び検査費用

4 前記1の定期検査を受けるための交通費その他の費用として、年2回を限度として定期検査1回につき1万5000円


母子感染、父子感染及びジェノタイプに関する検査費用の支払

1 原告の父親及び原告の各B型肝炎ウイルスの塩基配列検査結果を用いて因果関係を判断した場合には、国は、6万5000円を当該検査等に要した費用相当額(父親の血液検査費用を含む。)として支給します。

2 原告の母親及び原告の各B型肝炎ウイルスの塩基配列検査結果を用いて因果関係を判断した場合には、国は、6万3000円を当該検査等に要した費用相当額として支給します。

3 B型肝炎ウイルスのジェノタイプの検査結果を用いて因果関係を判断した場合には、国は、検査の種類に応じ、以下の金額を検査費用相当額として、支給します。


検査の種類 1件当たりの支給額

HBVジェノタイプ判定検査(社会保険の給付がある場合) 2300円
HBVジェノタイプ判定検査(社会保険の給付がない場合) 8500円
HBVサブジェノタイプ判定検査 15000円


■B型肝炎の診療で合わない医師は変えた方が良い


B型肝炎訴訟を行う際、病院での検査が必要になることがあります。またB型肝炎の感染が発覚したときにも、医師から説明を受けることでしょう。

感染が発覚した後、医師の対応は本当にまちまちです。「肝炎ですね。薬を飲み忘れないように」とあっさりいうだけで話が終わってしまい、大した病気ではないんだと長年放置していたという感染者の方がいます。

良い病院を紹介してくれたり、もしくは肝臓専門病院の医師だったりすれば話は簡単ですが、中には「本当に集団予防接種なの?」とか「母子感染なの?」と疑ってかかる医師も実は相当数存在します。

このとき、たとえば「海外で性交渉した?」とか「風俗に何回くらい行った?」などと気分が悪くなるような質問をされる人もいるかもしれません。

あまり良い内容ではありませんが、医師としては疑ってかかるくらいの質問を繰り返さないと国による集団予防接種の結果、B型肝炎に感染したとはなかなか認めないこともあるようなのです。

ただ、実際に集団予防接種によってB型肝炎に感染したと感染者本人は思い込んでいても、実は海外で性交渉をした結果、感染した可能性だってないわけではありません。

ですので、医師と色々話をする中で大事なのは、人間的・性格的に合う医師かどうかということです。信用できないようであればセカンドオピニオンをつけたり、あまりにも自分と合わない人だと思ったのであれば病院を変えたりするという選択肢もあることを忘れないようにしてください。

B型肝炎の基礎知識8




■ジェノタイプAeによるB型肝炎は検査時に判明する


B型肝炎に感染しているからといって、誰もが誰も、自分がどのような経路で感染したのかわかるわけではありません。たとえばごく一般的な普通の生活をしているにも関わらず、ある日突然具合が悪くなり、病院に搬送されたところ肝炎が発覚したという人もたくさんいます。

B型肝炎訴訟とは、国の集団予防接種か、もしくはそれが原因での母子感染・父子感染の方への和解訴訟です。しかし、ご自身の感染原因がよくわからないという方も相当数いるのが実情です。

このような方は急性肝炎と慢性肝炎を勘違いしていたりすることが往々にしてあります。集団予防接種や母子感染が原因でのB型肝炎感染者の方は、出生直後や小児期にB型肝炎ウイルスに感染したため、体内に免疫ができておらず、肝臓と免疫が共存する関係になっています。

対して成人後に肝炎ウイルスに感染した方は、肝炎ウイルスが肝臓を侵食しようとした場合、免疫が働くために一時的に体調が悪化します。いわゆる急性肝炎です。ただ、免疫がしっかりと働いた結果、一時的に具合が悪くなっても、後日体内からウイルスは完全に排除されるため、以降はウイルスが原因で肝臓が悪化する可能性は非常に低いものとなります。

ただし、上記以外に平成8年以降に確認されたジェノタイプAeと呼ばれる肝炎ウイルスの場合、成人後にウイルスに感染しても免疫がしっかりと機能しない可能性があることが確認されました。ジェノタイプAeのウイルスに感染すると、概ね1割前後の感染者がその後、持続感染することが確認されています。いわゆる慢性肝炎となってしまうのです。

このジェノタイプAeによる感染は、国による集団予防接種や母子感染で肝炎ウイルスに感染した方とは時期的に合致しません。このため、もしご自身のウイルスの感染経路がいまいち判断できない場合にはまずは肝炎検査を受けることをおすすめします。これにより、ご自身の数値・症状はもとより、ウイルスのジェノタイプも判断することが可能となります。




■B型肝炎で抗体ワクチンを打つべきか否かの問題は


B型肝炎ウイルスの感染者の方や、その関係者の方の中には「抗体のワクチンを打った方が良いか」という悩みを抱えている人がいます。

直接的に訴訟に関係はしなくても、B型肝炎関連でこういう質問も実はとても大切な事です。

上記のようなワクチン関連についてご質問される方は、感染者ご本人よりも、ご家族、ご友人や恋人などが多い印象を受けます。そして結論から述べると「必ずワクチンは摂取すべきである」というものになります。

一口でB型肝炎といっても、その感染経路はさまざまです。正直申し上げますが、国からの集団予防接種やそれに伴う母子感染で肝炎ウイルスに感染した方は、非常に人間としてまともです。常識をわきまえたごくごく普通の日本人だという印象があります。

しかし、お話を伺っていて漠然と、海外での性交渉か、違法な内容で注射器を使いまわした結果、肝炎にかかったとおぼしき方々は同じ人種だと思えない有様です。

中でもひどいのは、自分が肝炎に感染していることを知りながら「大したことじゃない」と放置を決め込んで、パートナーに感染させても平気でいる人です。とくに海外での性交渉で肝炎に感染した若い男性などにそのような態度が目立ちます。

正直和解訴訟とは全然関係のない内容ですが、そういう方をパートナーに持つ女性の方には「自分はワクチンを摂取した方が良いのか」という悩みを持つ人もいるようですが、結論から言えば、今後ともその相手と関わるつもりならば、必ずワクチンを打つようにすべきです。

しかしそうは言っても、お金がかかるからということで自分に都合良く考えがちなものが人間でもあります。ただ、B型肝炎ウイルスに感染するのは、税金の滞納だの、車の駐車違反だのといった程度の話とはまったく異なります。そういうリスクをわかったら問答無用で抗体ワクチンは打つべきです。

くれぐれもその点だけは頭に入れておきましょう。