肝臓は栄養をエネルギーに変換したり、解毒をしたりと体内において非常に重要な働きをしています。ここでは主に肝臓の働きについて記載します。

エネルギーへの代謝



肝臓は糖分(糖質)をグリコーゲンと呼ばれるエネルギーへと変換します。グリコーゲンは血液に流れ、身体を動かす原動力となるのです。

タンパク質・酵素への代謝



グリコーゲンと同様、肝臓は脂肪分を代謝して血液に送るためのタンパク質や酵素も作り出します。

アンモニアの分解



主に大腸内に住む最近はアンモニアを生成します。これは人体において有害なもの。肝臓はこのアンモニアに対する解毒も行います。もし肝疾患によってアンモニアの解毒ができなくなると血液中にアンモニアが放出され、脳などに深刻なダメージを与えてしまうのです。

ビリルビンの代謝



ビリルビンは血液から生成された老廃物です。肝臓はこのビリルビンを水に溶けやすいかたちにし、最終的に尿として排出されるように促す作用があります。

胆汁



脂肪の分解作用を持つ胆汁を生成します。

この他、肝臓は様々な解毒作用を担っています。