弁護士と一言でいっても色々です。人間ですから性格も色々ですし、扱っている分野もさまざま。また能力的にもピンキリな上、ご相談者との相性の問題だってあります。

今回はそれらを踏まえた上で、弁護士選びにおいて、とりあえずこれらは外しておいた方が無難といえるものをピックアップしました。B型肝炎訴訟において、下記のような弁護士は外すように心がければ、少なくとも後日、大損害を被ったという事態に陥る可能性は減るはずです。

1 特殊な分野のみを扱う弁護士



特殊な分野というのは、一般社会から極端に乖離した分野のこと。たとえばですが、M&Aを専門にしている法律事務所に、B型肝炎訴訟の相談をしても断られる可能性は高いはずです。なぜならそもそも扱っている分野が異なるため。

このように普通は分野があまりにも異なると断られることが多いのが弁護士の業界。ただし、それとは別個に断られないけれども、おすすめできない特殊な分野を扱う弁護士もいます。

これはつまり、弁護士個人の行き方や信条が極端に反映されている法律事務所のことです。たとえば特定の政治思想や宗教の人たちだけを一生懸命擁護している弁護士は、国内にはごまんと存在しています。また、名刺を見てみると何かヘンな信条を述べていたりするところもあるでしょう。

こういうところでうっすらと違和感を感じたのであれば、そこではB型肝炎訴訟をすることはおすすめできません。なぜなら受任をした後、弁護士と政治思想の違いでもめたり、おかしな宗教をすすめられたりと面倒事に巻き込まれる可能性があるためです。

正直申し上げて弁護士業界はちょっと変わり者みたいな人が結構な数存在しています。変わり者に委任をした結果、必ずしもひどい目に遭うとは限りませんが、B型肝炎は被害者にとっては大きな問題。なるべく常識がある人に委任をした方が和解もスムーズに進むはずです。

2 文章や言葉がおかしな弁護士



文は人なりといいますが、文章や言葉はその弁護士、ひいては法律事務所そのものを表現しています。

弁護士事務所を選ぶ際、ホームページの見出しなどをよく読んでみましょう。その弁護士が本当に信用できる人間かどうかそれでわかることも往々にしてあります。

たとえば、国に対して「金をよこせ」と叫ぶ広告宣伝をしている弁護士もいるかもしれません。それはそれで間違っているわけではありません。しかし、「金をよこせ」という文言は、肝炎の患者さんの苦しい思いの補償であったり、今後の治療のための費用であることにまで思いを馳せず、ただ自分が金儲けしたいだけにしか見えません。

要するに人としての品性があまりにも欠けているのです。そして人としての品格に欠けた者に、B型肝炎訴訟という、患者さんの人生の岐路ともなりえる訴訟を任せることができるでしょうか。私が患者さんでしたら、きっぱりと断ります。

そして大きな声ではいえませんが、実はこういう弁護士は山ほど存在します。要注意です。