iryou_doctor_nurse


■B型肝炎訴訟 給付金の請求


ご存知ですか。
集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染した方は、最大で3600万円の給付金が国から受けられます。


■集団予防接種におけるB型肝炎ウイルスの感染とは?


昭和16年(西暦1941年)7月2日~昭和63年(西暦1988年)1月27日までに生まれた方の中で、集団予防接種(各種予防接種・ツベルクリン反応検査)を受けた際、注射器の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染した方が多数おられます。この感染者の数は平成26年現在で40万人以上といわれています。


■肝炎訴訟と支給金


集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方々が国に損害賠償を求めた結果、平成23年6月、国と原告の間で基本的な合意がなされました。この合意によって国との間に和解が成立した方に対し、国は法に基づき給付金を支給いたします。



■感染者の方に ~給付金の受給とケアのすすめ~


人生を幸福に過ごすため、健康はなによりも大切なものです。

それにも関わらず、多くの国民をB型肝炎ウイルスに感染させたのは国のミスにほかなりません。 しかも、集団予防接種によって肝炎ウイルスに感染した場合、被害者が必要な手続きをしなければ、国は何の手当もしてくれないのです。

この集団予防接種によるB型肝炎ウイルスの被害者に対して訴訟を行うことで、国から、肝疾患はもちろん、感染そのものによって多大な苦しみ・悲しみを引き起こした償いの表明として、肝炎問題に対する種々のケアと和解金を受け取ることができます。