B型肝炎と訴訟問題を考える

はじめまして。 B型肝炎に感染し、これまでとてもつらく、苦しく、悲しい思いをされたことでしょう。ここでは一緒にB型肝炎と訴訟問題について考えていきたいと思います。ここでの知識が、あなたのお役に立ちますように。

肝炎患者さんのための一日一語『虚其心』



“そのこころをむなしくす”と読みます。元は『老子道徳経』が出典であり、その内容はおおよそ以下のようなものです。

「民が争うのは賢者を尚ぶからである。泥棒が現れるのは宝物が出るからである。心が乱れるのは欲があるためだ。聖者が天下を治めるためには、民の欲望を鎮めねばならない」

これは帝王学の一種ともいえる箴言ですが、B型肝炎に悩むわたしたちの生活にどう応用すべきでしょうか。

それは民のかわりに自らの心を鎮めることです。国も社会も、そして自分の知り合いですら、こちらが変わってもらいたいとどんなに願っても、それらは決して変わることはありません。苦心惨憺しながらも、唯一変わることができるのは己の心だけ。

肝炎にかかればB型肝炎ウイルスに歯噛みして体調を気遣いつつ、日々の生活を送ります。肝炎のせいで仕事でひやひやしたり、人間関係に余計な摩擦をもたらさないかを考えます。

でも、世界はもっとシンプルなものです。わたしたちがいかに生きるかを誰かに教えられ、それに従って生きるのは楽なことです。あなたがB型肝炎に感染したのは、やれ先祖の行いが悪いからだの、なんとかいう神さまにお布施をしないからだのと、そういう言葉に従うのは楽ちんです。

でも、虚心坦懐に世界を眺めれば、誰しも心のどこかでうっすら気づいていたことが言葉にのぼってきます。自分がなぜ生きているかに意味はありません。どう生きてゆくかにも意味はありません。世界はただ見たまま、あるがままに存在するだけであり、肝炎ウイルスに至ってもそれは善悪とは関係がないのです。

人生に意味なんてない。世界に意味なんてない。だからやりたい放題やれば良いというのは愚かな者が陥る考えです。なぜなら、今この瞬間ですら、世界中で多くの医師たちが肝炎ウイルスを根絶する薬を研究しているからです。肝硬変を和らげる治療法や、肝がんを治す治療法を研究しているからです。

彼らはみんなB型肝炎感染者の苦しみ、悲しみ、嘆きを知っています。わたしたちを思って懸命に努力してくれている人たちでもあります。

だからこそ、わたしたちも、わたしたちなりに、今与えられている役割を精一杯こなしましょう。検査を受ける必要があるのなら、めんどうであっても検査を受けに行く。治療をするのであれば、日々の生活ももっと健康になるように尽力する。

その上で、もし多少の力が余ったのであれば、今世界のどこかで飢えている人に少しだけでも力を添えてあげましょう。日本であればすぐに治療できるような病気で死に瀕している貧しい国々の赤ちゃんを助けられるように、少しだけ気持ちを割いてあげましょう。

わたしが頑張れば、今、世界のどこかで苦しんでいる誰かが笑顔になる。

それに気づけることは、人として最も尊いものであることは間違いないはずです。

肝炎患者さんのための一日一語『毒矢のたとえ』



有名なお話ですからご存知の方も多いでしょう。矢が刺さって血がどくどく出ているのに「この矢は誰が放った。弦は何でできていて、矢羽は何でできているなどと考えてもしょうがない。早く引っこ抜くことが大事なのだ」という仏教のたとえ話です。

わたしたちは何でも知りたがります。何でも知りたい、わかりたいという気持ちを持っています。宇宙の果てはどうなっているのか、死んだらどうなるのか、幽霊はいるのかいないのかなど、とにかくどこまでも何でも知りたがります。

でも、本当に大事なことには目をつぶります。「う~ん、めんどくさいなあ」と思います。これはB型肝炎訴訟についても同じです。

「B型肝炎訴訟? 弁護士に頼むの? なんだかおおごとだな。めんどうだな」と思うかもしれません。「悪いのは国だ。俺はひとつも悪くないぞ」と思うかもしれません。

B型肝炎問題で国が悪いのはみんなが知っています。誰もそれを否定しません。でも、国が悪いからと大声で叫んで自分の正しさを訴えることと、今身体にささっているB型肝炎ウイルスという毒矢を引っこ抜くことはまるで別なのです。

肝炎ウイルスはいつ活性化するかわかりません。身体に毒矢がささっているのにそれを引っこ抜かずに「国が悪いからこんな目に遭った」といってもしょうがないのです。

まずやるべきことは自分の身体を自分の責任で、なるべく少ないリスクと手間でケアすることなのです。自分で毒矢を抜かなければ、誰も助けてはくれないのです。

他の誰も自分を助けてはくれません。だからこそ、今、肝炎訴訟を行うことは大切なのです。

肝炎患者さんのための一日一語『合同船』

合同船とは乗合船のことで、箴言として用いられる際は、唐の皇帝に南陽の僧が与えた偈(韻文)の一節とされます。

乗合船というと古めかしいですが、フェリーと考えても、飛行機や電車・バスととらえてもおかしくはありません。ともに同じ乗り物に乗る人には色々な人がいます。生まれたばかりの赤ちゃんもいれば、高齢者の方もいます。新婚カップルもいるでしょうし、ビジネスマンもいることでしょう。善人もいれば、悪人もいます。

いろいろな人がそれぞれの目的で、同じ乗り物にたまたま乗りあわせていますが、誰もがこの乗り物が事故に遭っては困ると思うはず。そういう意味で、ともに乗り合うということは、なにがしかの縁で少しの間、一緒に乗り合わせる運命共同体なのです。

これを広くとらえれば、わたしたちはみんな、同じ地域社会、同じ国家、同じ時代という乗合船の人間でもあります。より小さく捉えれば、無数の細胞で形成された自分の身体という乗合船に、自分は今乗っているともいえます。

このたくさんの部品で構成された身体という乗合船に、B型肝炎ウイルスというお客がたまたま乗っているのが、肝炎患者さんです。うっとうしい思いもするでしょうし、ときに肝炎ウイルスのことまで配慮しなければ、人生をうまく操縦しにくいこともあるかもしれません。

でも、自分が乗合船の船長だったとして、今の段階では肝炎ウイルスだけを船から下ろすことはできないのです。ウイルスを大事にする必要はもちろんありませんが、無限に広がる因果の中から、何か不思議な縁でやってきた珍客だと思えば、少し心が安らぐはずです。