B型肝炎と訴訟問題を考える

はじめまして。 B型肝炎に感染し、これまでとてもつらく、苦しく、悲しい思いをされたことでしょう。ここでは一緒にB型肝炎と訴訟問題について考えていきたいと思います。

B型肝炎と訴訟について

iryou_doctor_nurse


■B型肝炎訴訟 給付金の請求


ご存知ですか。
集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染した方は、最大で3600万円の給付金が国から受けられます。


■集団予防接種におけるB型肝炎ウイルスの感染とは?


昭和16年(西暦1941年)7月2日~昭和63年(西暦1988年)1月27日までに生まれた方の中で、集団予防接種(各種予防接種・ツベルクリン反応検査)を受けた際、注射器の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染した方が多数おられます。この感染者の数は平成26年現在で40万人以上といわれています。


■肝炎訴訟と支給金


集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方々が国に損害賠償を求めた結果、平成23年6月、国と原告の間で基本的な合意がなされました。この合意によって国との間に和解が成立した方に対し、国は法に基づき給付金を支給いたします。



■感染者の方に ~給付金の受給とケアのすすめ~


人生を幸福に過ごすため、健康はなによりも大切なものです。

それにも関わらず、多くの国民をB型肝炎ウイルスに感染させたのは国のミスにほかなりません。 しかも、集団予防接種によって肝炎ウイルスに感染した場合、被害者が必要な手続きをしなければ、国は何の手当もしてくれないのです。

この集団予防接種によるB型肝炎ウイルスの被害者に対して訴訟を行うことで、国から、肝疾患はもちろん、感染そのものによって多大な苦しみ・悲しみを引き起こした償いの表明として、肝炎問題に対する種々のケアと和解金を受け取ることができます。

B型肝炎治療では医師に治療方法のメリット・デメリットを聞いておく

medical_seishinanteizai



■B型肝炎治療では医師に治療方法のメリット・デメリットを聞いておく

今でこそインフォームド・コンセントの普及により、患者さんに対して医師はしっかりと治療方針を説明するようになりましたが、昔はそのあたりが実に適当でした。医師は「俺が決めた治療方針だ」とばかりに勝手に治療方法を定め、ろくに説明がなかったのです。また患者さんの側もあまり根ほり葉ほり医師に質問をすると、医師の心象を悪くするのではないかといった懸念があり、あまり強く訊ねることができなかったようです。

ごくごくまれにですが、B型肝炎で悩んでいる患者さんの中にも、医師からこういう指示を受けたと述べられることがあります。

たとえばバラクルード錠です。妊娠・出産を考えておられる女性はバラクルード錠を飲むことは、他の治療の後になります。エンテカビルの副作用により、バラクルードを服用する女性は妊娠・出産ができなくなるためです。このため、たとえば女性の治療に際してはペガシスによるインターフェロンなどが順序としては先になると思われます。

ところが、いきなり医師からバラクルードを飲むようにといわれた方の中には、どうも医師からちゃんと説明を受けていなかった人もいるようです。もしかしたらB型肝炎に感染した相談者ご自身が、医師からの説明を聞き流していかもしれませんが、しかし、これはどうにも危ない話です。

先にインターフェロンを例に挙げましたが、インターフェロン治療も倦怠感や脱毛など、やはり大きな副作用は免れません。

B型肝炎訴訟を考えている方は、同時に治療も受ける必要があります。そのときには、医師からの説明をしっかりと聞き、またメリット・デメリットなどもよく聞いておくほうが良いかと存じます。



■B型肝炎の差別と偏見を生み出す人々

B型肝炎訴訟は非常に専門的な知識が必要になる裁判です。そのため、肝炎訴訟には興味があるけれど、自分の状態が不明なために今一歩訴訟までの踏ん切りがつかないという方もたくさんおられるようです。

漠然とした印象で恐縮ですが、B型肝炎に感染した方は2種類にわかれます。一つは自分の症状をお医者さんから教えてもらった限り、しっかりと自分で調べている方。バラクルードやペガシスの副作用などについてもきっちりと把握していたり、どういう方法で治療を受けるべきか考えている方。そしてもう一方は、自分の病気がどうやらB型肝炎だという程度で放置を決め込んでいる方。

B型肝炎にも色々な感染経路がありますが、訴訟を考えている方は圧倒的に前者が多いです。そして前者と後者の方はまるで人間性が違うことが多いのです。

集団予防接種や母子感染が原因でB型肝炎にかかった方は、人よりも苦しい思いをしています。だから非常に礼儀正しく、まじめで思いやりがあり、とても好感を持てる方が多いです。

逆に後者の方は、言い方は悪いのですが「海外に行ったら病気にかかった。肝炎っていわれたけど、これで訴えればお金もらえるんでしょ」のような人が少なくありません。

B型肝炎感染者にも色々な人がいます。そして性病などで肝炎に感染した人たちは、集団予防接種で肝炎になったり、母子感染で生まれながらに肝炎に感染したりした、本当に性格の良い方々から、どうやらとてもいやな顔をされている感じを受けます。こういう人たちがいるから、B型肝炎の差別と偏見が生まれるからです。

でも、だからといって声高に「B型肝炎の差別と偏見をやめろ」と大騒ぎするのはできれば避けたいところ。感染者の方々はなるべくご自身の病気を社会に知られたくないという思いもよくわかります。

B型肝炎訴訟では、セロコンバージョンでも和解給付は可能

pose_genki10_businesswoman




B型肝炎に感染した方の多くはご存知でしょうが、インターフェロン治療により、予後、セロコンバージョンまでウイルス活動が改善した方はたくさんおられます。


■セロコンバージョンとは

セロコンバージョン(セロコン)について簡単に説明しますと、セロコンとは、HBe抗原がマイナス、HBe抗体がプラスになった状態のこと。

一般的にB型肝炎ウイルスが活動しているときはHBe抗原がプラスになっています。治療や投薬によってこの抗原の活動がマイナスになることで、ウイルス活動は抑止され、肝炎が治まっているのです。


■セロコンバージョンはウイルスが排除されたわけではない

成人後、B型肝炎ウイルスに感染した方でもほとんどが体内から自然に排除されます。万一、急性肝炎か劇症肝炎を発症したとしても、予後は同様に体内から排除されます。

しかし、幼児期の集団予防接種や母子感染の場合、肝炎ウイルスは体内から完全に排除することはできません。インターフェロンなどによって活動を抑止できたとしても、ウイルスによる慢性肝炎や肝硬変・肝がんなどの発症率はゼロとはいいきれないのです。

ですので、セロコンバージョンになったとしても、定期的な肝炎検査はやはり必要となります。


■B型肝炎訴訟では、セロコンバージョンでも和解給付は可能

まれに誤解される方がおられますが、セロコンバージョンでもB型肝炎訴訟によって和解給付金を受け取ることは可能です。なぜなら上述したように、セロコンバージョンになっても肝炎ウイルスは体内から完全に排除されたわけではなく、定期的な診断が必要になるためです。

B型肝炎感染者の方にとって「セロコンになった」というのは、心から胸をなでおろせるものに違いはありません。しかし、同時に国から賠償される給付金を受け取り、予後にいかしたり、また定期的な検査費用を受け取るのは、B型肝炎に感染した方としてはやはり外してはならない道のり。

また、先に述べたようにセロコンバージョンであっても、慢性肝炎や肝硬変などを発症する可能性はゼロとはいえません。B型肝炎訴訟はただお金を受け取るというだけのものではありません。将来、万一の事態が生じた際、生活や治療の補助となるための側面も担っているのです。

だからこそセロコンバージョンになったとしても、そこでホッとしてしまうだけではなく、B型肝炎訴訟も必ず行っておきましょう。
アーカイブ
にほんブログ村 病気ブログ B型肝炎へ
にほんブログ村


B型肝炎ランキング



B型肝炎治療のガイドライン

B型肝炎訴訟の手引き

B型肝炎訴訟給付金について

薬剤師と転職


お問い合わせ

名前
メール
本文